実際にマレーシアに足を運ぶことで現地の方々とたくさん交流を持つことができました。交流を持った方の中でも一部の人とは現在もFacebookを通して交流しています。

 

 

私たちは、今回全面的に協力してくださったサバ州森林局の方へ、日本で行った生物多様性広報活動地域貢献活動で得た資金である10万円の贈呈を行いました。その様子は現地の新聞にも取り上げられ、翌日の新聞3部に掲載されました。

  私たちは、今回滞在していたサバ州の学校を訪れました。私たちが訪れた学校では様々な環境保護活動やECO活動が行われており、環境破壊や現在行っている活動についてをお互いにプレゼンを通して共有しました。その後、校内を案内していただきました。昼食も用意してくださり、生徒の方々が歌や伝統的な楽器を披露してくださいました。私たちも一部のメンバーはバトンを、全員では日本の歌を披露しました。同年代の方々のつながりを持ち、意見を交換することができたのはとてもよい経験になりました。

  今回全面的に協力してくださった森林局の方々や現地の方々に、歓迎会と歓送会を開いていただきました。歓迎会では、ご飯を食べながらカラオケを楽しんだり、現地で有名な踊りを教えてもらったりとても楽しく過ごすことができました。歓送会でも、私たちが日本から持ってきたお土産を渡すなど有意義に過ごさせていただきました。現地の方々に活動を理解していただき、歓迎してもらえたことはとても自信になりました。